スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

アイピルを使って安全に避妊しましょう

アイピルは、女性が行える有効な避妊手段です。

アイピル

妊娠のリスクは、子供を望まない方であればどうしても気がかりになるもの。
万が一のことがあると、肉体的にも精神的にも大きな負担になってしまいます。

 

ほとんどの避妊法で100%はありません
もっとも多く使われている方法はコンドームでしょう。

コンドーム

ドラッグストアやコンビニエンスストアでも販売されていて、性病の予防効果もあります。
しかし、実際には破れたり外れたりすることがあるため確実ではありません。

 

これらは、使い方がしっかりと守られていない、サイズが合っていないなどが原因で起こります。
膣内に精液が入ってしまうので効果は一切なく、使用せずにセックスした時と同じ状態になってしまいます。

 

間違った知識を実践している方もいます

「膣外に射精すれば大丈夫」「洗えば良い」「騎乗位なら妊娠しない」といったことには全て医学的根拠はありません。


また、「安全日だから」と言う方は多くいますが、可妊期でなくても妊娠の可能性はあります。


セックスをするタイミングに関わらず避妊は必須です。

これらの誤った避妊の知識を実践している男性は意外とたくさんいます。


女性が自分自身で避妊できる環境を整えることで、安心して夜の営みを過ごせるようになるでしょう。


その方法の1つとしてとても有効になるものがアイピル、これはアフターピルの1つです。

 

「危ない!」と思ったらすぐに飲みましょう

多くの避妊方法は事前に行うものですが、アフターピルはセックスの後妊娠のリスクが考えられる時に服用するものです。
以下のようなケースに直面したら、すぐに飲むようにしましょう。

 

普段から膣外射精をしている

避妊法の1つとして広まっていますが、医学的根拠がないため注意が必要です。
射精前の分泌物にも精子が含まれているため、4回に1回は効果がないという結果になります。
また、男性が射精するタイミングをミスしてしまうこともあります。

 

膣内射精後、水で精液を洗い流した

効果が実証されていない方法の1つです。
膣内の精子は、早くて80秒ほどで子宮内に到達してしまうため、普通は間に合いません。


それどころか炎症を起こすこともありますし、そもそも精液を全て洗い流すこと自体が不可能です。

 

アイピルのようなアフターピルを利用する事で、避妊を行わなかったり失敗したりした時も、妊娠を避けられる可能性が高まります。

 

安心してセックスを楽しむためにも、ぜひとも準備しておきたい医薬品です。

スポンサーサイト

コメント